無料相談の方法

相談窓口によっては、何度も無料相談することはできないところもあります。回数を重ねると途中から有料になる場合もあるので、もっと話が聞きたいが無料で相談したいと言う方はいろいろな無料相談サービスを利用してみる方法もあります。

では無料保険相談の利用方法について説明します。まずは申し込みから。無料相談する会社を決めたら、電話またはインターネットでホームページから申し込みができます。返事をもらうまでには審査のようなものがあるので多少時間がかかります。返事がきたらFPとの面談になります。現在入っている保険の見直しについて相談する場合は、その保険内容の資料を揃えて準備しておきましょう。また家族がいる場合は家族の分もまとめておいたほうがより良い見直しが行えます。家族の保険で内容が重なっていたりカバーできたりすることがあるので、細かくチェックしてもらえるでしょう。また相談をスムーズに行うためには、自分が相談したい内容をきちんと考えてまとめておきましょう。どんなことを保険に求めるのか、それは人それぞれですので明確にしておいたほうがFPも相談にのりやすいです。そして時間があれば事前に少し勉強しておくと、より話が理解できて相談も上手くいくことでしょう。

FPと無料相談

まずはFPと称されるファイナンシャルプランナーについて説明しましょう。FPとは保険だけではなく人生設計に関して資産運用のプランニングやアドバイスをしてくれる専門家です。無料相談を行っているのは独立系のFPの方で、保険会社に雇われているわけではないので相談することで保険会社の良いようにプランを紹介してくることはありません。多くの保険会社のプランを比較することもできるので、相談者の生活に合った保険を紹介してくれるでしょう。

無料相談と聞くと、上手い話には裏があるのではないかと敬遠する方もいると思います。なぜ無料で保険の相談ができるかというと、相談窓口のある保険代理店で保険に加入した際、その保険を扱う会社から代理店に手数料が払われるからです。だからと言って、無料相談に行けば必ず新たな保険に入らなければいけないということではなく、今加入している保険の見直しだけを相談することもできます。ただボランティアでFPも話を聞いているわけではないので、見直しを相談しただけでも他の保険を勧めてくることもあるでしょう。しかしそれは相談者の人生設計を考えた上で最適な保険を紹介しているものです。保険に加入するつもりがなく相談に来ていても、耳を傾けてみても良いでしょう。

参照⇒生命保険の無料相談/見直し【保険ゲート】

生命保険の見直し

生きていく上で病気や怪我は付き物。万が一に備えて多くの人が生命保険に加入していますよね。しかし自分が入っている保険の契約内容、ちゃんとご存知ですか?最初に契約したまま保険料を払い続けていると、払いすぎて無駄な保保険料が発生しているなんてことも。

大切なお金を将来のために上手く残していくためには、一度保険の見直しを行うことが良いでしょう。見直すことによって支払っていた保険料が大幅に安くなることもあります。タイミングとしては、人生の転機がポイントです。成人や結婚や出産など、生活が大きく変わる時に見直すことが大切です。もし保険料の負担が軽くなれば、その分だけ自分の将来や家族の将来に残すお金が増えていきます。しかし自分で保険を見直すのは大変。損をしているのかそうでないのか、自分で判断するのは難しいですよね。そんな時に役に立つのが、保険の見直しを相談できるサービス。自分ではよくわからない保険のことを、無料で相談・見直しをしてもらえるのです。ファイナンシャルプランナー(FP)の方や保険コンサルタントの方が相談を受けてくださります。保険のことをよく理解している方たちに相談を聞いてもらえるのには安心感がありますよね。

ではなぜ無料で相談ができるのか。ここからはFPや保険の無料相談について詳しく説明します。人生の転機に見直しを逃してしまった方も、今から見直すことで変わるチャンスがあります。先を見据えて計画を立てていきましょう。